夏よりも冬の方が代謝が良いと知っていますか??

みなさんこんにちは♩

1月の入り寒さがより一層厳しくなってきましたね!


お正月から始まりだらだら過ごして体重(!?)となってる方も多いのではないでしょうか?


しかし、

実は冬こそ、夏に比べて代謝能力がアップすることをご存知でしたか??




この図からは冬から春にかけてのほうが、夏から秋にかけてよりも基礎代謝の平均が高いことがわかります♩


なぜかというと、

冬は外気温が低いため、内臓や筋肉などの組織を寒さから守り、機能を維持するには、より多くのエネルギーを必要とします。このため、からだを燃やしてたくさんのエネルギー(熱量)を発生させる必要があります。

生命維持のための最低限のエネルギーすなわち“基礎代謝”は、夏よりも冬に上がりやすいのです。基礎代謝だけではありません。

冬の時期は気温が低いため、筋肉の温度を上げて活動するためにより多くのエネルギーを産生する必要があります。つまり、身体活動のため筋肉を動かすためにも、冬は夏よりも多くのエネルギーを必要とするのです。



つまりこの時期にダイエットや始めるのがオススメなのです!



是非、今からしっかり夏に向けて整えていきましょう!!





#くるくる#CS#cs60##大阪#広島


参照

名古屋ハートセンター

代謝の上がる冬こそ、減量向き! 寒さに注意して、適切な運動を継続しましょう明けましておめでとうございます。今年もどうかよろしくお願いします。さて、ただでさえ家でじっとしていることが増える寒い中、三が日の間に家でゴロゴロ、そのままズルズルと運動不足が続き、気づいたら体重が激増!という人もいるかもしれません。しかし、実は冬こそ、夏に比べて運動によるダイエット効果が期待できるチャンスなのです。♥ 冬は体温を維持するため、からだが燃えやすい人間は恒温動物であり、外気温に関係なく常に一定の体温を保っています。図1を見てください。少し古いですが、基礎代謝量の季節変動を表すデータです。基礎代謝は10月に最低、4月に最高となるような曲線を描いています。この研究によれば、冬から春にかけてのほうが、夏から秋にかけてよりも基礎代謝の平均が高いことがわかります1)。冬は外気温が低いため、内臓や筋肉などの組織を寒さから守り、機能を維持するには、より多くのエネルギーを必要とします。このため、からだを燃やしてたくさんのエネルギー(熱量)を発生させる必要があります。生命維持のための最低限のエネルギーすなわち“基礎代謝”は、夏よりも冬に上がりやすいのです。基礎代謝だけではありません。冬の時期は気温が低いため、筋肉の温度を上げて活動するためにより多くのエネルギーを産生する必要があります。つまり、身体活動のため筋肉を動かすためにも、冬は夏よりも多くのエネルギーを必要とするのです。♥ 冬に始めると長続きするかも!運動の効用とは冬は夏に比べ汗をかきにくいので、運動効果も少ないように思えるかもしれません。しかし、逆に、寒い時期にはゆっくりと身体を温めながら運動が行えるため、暑い時期よりは運動がつらくありません。運動習慣のない人であっても長続きしやすいといえます。身体のポカポカを持続できるウォーキングやジョギングなどの有酸素運動が効果的です。短い時間であっても身体を動かせば、徐々に運動に対する心理的ハードルも低くなってくるでしょう。安静時に比べ、活動時に賛成される熱量は1.5~3倍以上と言われています。私たちの体温のうち約40%は筋肉から作られるため、冷え性改善のためには身体を動かし、筋肉をつけることが重要です。身体の筋肉の大部分は下半身にあるため、下半身の筋肉を使う運動(スクワット、ウォー

nagoya.heart-center.or.jp

美・健・笑 Total Salon くるくる

東京・大阪・広島で愛される「からだとこころのトータルケア・サロン」