気になるファスティングのやり方


今回は、1週間ファスティングについてご紹介します。

実は、ファステングとは

準備期間・断食期間・回復期間の3つに別れます。


準備期間は、

最低1〜2日 食生活が乱れている方は1週間程度をおすすめします。

この期間は、これから断食を始める前に体を慣らしておく期間になります。

準備食の基本となるのは、「まごわやさしい」。これは健康のために、胃腸にも優しい食材の頭文字を取ったものです。

豆類、ごま、わかめ・海藻、野菜、魚、しいたけ・きのこ類、いも類・穀物などの中から、消化によいものを選ぶことが準備食の基本となります。

ただし、気を付けたいのが「さ」の魚。魚の動物性たんぱく質は消化にエネルギーが必要になり、準備食としては不向きです。


(参考:https://www.designlearn.co.jp/fasting/%E5%AE%9F%E3%81%AF%E9%87%8D%E8%A6%81%E3%81%A0%E3%81%A3%E3%81%9F%EF%BC%81%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%AE%E6%BA%96%E5%82%99%E9%A3%9F%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84/ )


そして、だんだんと慣れてきたらいよいよ断食スタートです!

1週間スケジュールだと3日間を目安に行います。

この3日間は固形物は食べれなくなります。

その代わり、酵素やお味噌汁を飲んで1日を過ごします。


断食が終わると、回復期間です!


回復と言って、いきなりたくさん食べるのは厳禁です。

準備期と同じような内容の食事をどんどんしていきます。

リバンドするか否やはこの回復食にかかっています!

最後まで要注意です!



次はいよいよ実際に行ってのご紹介します!




過去のファスティング記事▼

#CS#CS60#デトックス#ファスティング

美・健・笑 Total Salon くるくる

東京・大阪・広島で愛される「からだとこころのトータルケア・サロン」